見ただけでカツラとバレてしまうカツラ

街中を歩いていても、確実にカツラとわかる状態の人が目についてしまいます。

育毛バカは若いころから頭髪を気にしていて、
自分の頭と他人の頭をよく見比べていたりしたからか分かりませんが、
人よりもカツラを見抜く力が少しあるようです。
まぁ、普段から自分や人の頭を気にしすぎているせいだと思いますが。

それでカツラの人を見て思うのは、
『あんなカツラってバレバレのカツラ、つけない方が絶対いいのに』
ということです。

本人はバレていないと思っている、
もしくはバレているかもしれないが、
自分の薄毛をさらすよりかはマシ、という心情なのでしょう。

確かに本人の心が少しでも穏やかになるのであれば、その方がよいのでしょうが、
育毛バカとしてはバレているであろうカツラを使用する方が、
よっぽど心の健康に悪いので、カツラは使うまいと心に誓ってます。