なぜノンシリコンシャンプーが話題なのか

シリコンのようなコーティング剤を混ぜないと商品として売れないほどゴワつくということは
洗浄成分だけでいうと、相当洗浄力が強いということです。

でも洗浄力が強いことに特別な意味はなく、ただ安上がりで簡単に作れる洗浄成分が
たまたまシャンプーとして使用するには強い洗浄力を持っているということになったみたいです。

それであとからコーティング剤を混ぜることで、洗い上がりを良くしてつじつまを合わせている、
ということを、色々なサイトを見ていてよく目にします。

ですからそのシリコンというコーディング剤が入っていないのに
ゴワつかず、かつお手頃な値段で、ということが話題の理由となっているようです。