正しいシャンプーの方法

頭皮の皮脂が取れたらいいや、、、そう思ってませんか?

ただ、がむしゃらに頭皮を洗うだけでは、
無駄に頭皮を傷つけて抜け毛の原因になってしまいます。

そうならないためにも、
正しいシャンプーの方法や手順を身に付けるべきです!

予洗いはしっかり行う

シャンプーするときにはまず髪の毛を濡らす作業を行いますが、
それがただ単に髪をシャワーで濡らすだけになっていたら、あまりよくないです。

髪や頭皮付いたホコリや整髪料、皮脂などの汚れのうち、
軽いものはぬるめのお湯で流すだけで結構落ちます。

育毛バカが測ったわけではありませんが、
予洗いだけで8割ほどの汚れは落ちるらしいです。
しっかり予洗いした場合ですが。


シャワーの温度にもこだわる!

熱めのお湯で、勢いよく「ガーッ!」と洗い流したら、
汚れがよく落ちている感じがしますし、気持ちがいいんですが、
頭皮や毛髪にはあまりよくありません。

まず、洗髪時のシャワーの温度ですが、高くても38℃くらいまでで、
冷たすぎると感じなければ、もう少しぬるくてもOKです。

具体的な温度が分からない場合は、
体に浴びるにはちょっとぬるいぞ、くらいの温度でいいと思います。

あと、シャワーの水圧も強力なのはやめましょう。

サーっと出ているくらいでいいです。
本当はもう少しゆるいほうがいいのですが、
一人で洗髪する場合、シャワーがあまりチョロチョロだと
シャンプーが髪についたままになるなどの洗いもれ、すすぎもれが
あるといけませんので、そこはある程度の水圧があった方が無難、
というのが育毛バカの意見です。

美容院で髪を洗ってもらうところを想像してもらったら一番わかりやすいですが、
温度も水圧も最低限で余分な刺激はないですよね。

その分しっかり時間をかけてすすいでくれますので、
シャンプーが頭皮や髪の毛に残ることはありません。

でも一人だとそこまではなかなかできないので、
シャワーの水圧くらいはちょっと強めでもいいと思います。


泡立ても重要

洗髪する場合、多くの人がシャンプーを泡立てずに使っていると思います。

もっと正確にいうと、適量のシャンプーを手に取って
そのあと髪の毛に直接つけて、そのままゴシゴシしているうちに
勝手に泡立ってきて、その泡で洗髪するといった感じです。

これはあまりよくなくて、しっかり泡立てた泡で髪の毛や頭皮を洗うことがベストです。

シャンプーの場合、髪の毛が泡立てネットの役割を果たして
直接髪につけても結構泡立ちますので、悪くはないんですが。

洗顔でもたまに直接顔につけてゴシゴシして、
洗顔終わり!ってやっている人います。

これで確かに少しはサッパリしますが、
汚れを落し切れていないことがほとんどです。

脂テカテカのときとかは顕著で、それだけではスッキリしなくて
もう一度洗顔したりします。

洗顔の話になってしまってますが、
育毛バカもかつては泡立てずに洗顔していました。

でも大学浪人時代に友達から教えてもらって
泡立てるようになりました。

今では泡立てネットでしっかりと泡立てて、
ゴシゴシせずに泡でなでるように洗っています。

それでスッキリ洗えています。

洗髪も同じ理屈で、まずはしっかりとした泡で
髪についたホコリなどの汚れ、頭皮の皮脂を洗い流す必要があります。

あと頭皮をマッサージしながら余分な汚れを落すことが重要なんですが、
これはまたあとで書きたいと思います。


頭皮をマッサージしながら洗う

これが一番重要な作業になります。

まずはたっぷりの泡で髪の毛同様に頭皮についた汚れを落した後、
指の腹で頭皮をじっくり揉むようにマッサージしながら洗っていきます。

マッサージの効果は2つあって、
まず一つ目は、頭皮の血行が良くなるということです。

もう一つは毛穴に詰まった汚れを押し出すようにして洗うことで、
何も気にせず洗髪している時では落ち切らない汚れまで落とすことができます。
この時、髪の毛が生えている方向に逆らって押し出していきます。
頭頂部に対しては額側からつむじ側に、という風になります。

育毛バカ的には
これですべての毛穴の汚れがスッキリ落ちるとは言えないと思っています。
なにせ素人のしていることですので、
ヘアサロンなどのプロが行う施術後と比べると
それほど綺麗になっていないかもしれません。

でもまったくやらないよりかは絶大な効果があると感じています。

ここでマッサージについて注意してほしいことがあります。
勢いよく揉むのではなくて、じっっっくり揉んでください。

文章では説明しにくいので『っ』をたくさんつけて表現してみました。

上にも書いたように押し出すといった感じなので、
揉むというよりも一定の方向に一定の力で指の腹を滑らせていく感じです。

落したいのは毛穴に詰まった汚れであって、
頭皮の角質ではありません。

力を入れてゴシゴシしてしまうと頭皮の角質が剥がれ過ぎてしまってNGです。
頭皮自体を洗うことに関してはシャンプーの泡を転がすだけで十分です。



 | トップページ |  正しいブラッシングの仕方>>